教会標語

「わたしたちは見えるものではなく、見えないものに目を注ぎます。見えるものは過ぎ去りますが、見えないものは永遠に存続するからです。」

コリントの信徒への手紙二、第4章18節

牧師挨拶

 

並木せつ子

「神は、その独り子をお与えになったほどに、世を愛された。独り子を信じる者が一人も滅びないで、永遠の命を得るためである。」

(ヨハネによる福音書、3章16節―新
共同訳聖書)

成宗教会ホームページにようこそ。わたしたちは真の神を世に表してくださった主イエス・キリストを宣べ伝えることを目的としています。永遠の命、すなわち救いを得るためには、真の神からそれを求めなければなりません。それでは、真の神とはどのようなお方なのでしょうか。世に神と呼ばれるもの、神々と呼ばれるものは無数に存在しておりますが、真の神はイエス・キリストにおいて、聖書の中に証しされています。

この方に出会うことを求める方は、どなたでも礼拝にいらしてください。教師に教えを乞う者は、礼を尽くし頭を下げて教えを乞うものです。それならば、「真の神よ、あなたはどのようなお方ですか」と尋ねる人は、礼拝を通して教えを乞うでしょう。私たちの信仰は、主イエスの弟子たちから教会に受け継がれた信仰です。神を信じるということは、教会が2000年にわたって受け継いで来た信仰を、わたしたちも信じることに他なりません。

集会案内

日曜礼拝に初めて出席される方にも、お使いいただける聖書、讃美歌、交読詩編が備えられています。礼拝の中で献金の時を持ちますが、強制ではありません。

日曜礼拝(大人を中心とした礼拝と教会学校の礼拝)の他に、水曜日には聖書を学ぶ聖研祈祷会を開いております。ナオミ会(婦人会)の集会も月1回開かれます。

これらはどなたでも参加できます。また、入信、その他を強要されることは一切ございません。安心してご出席ください。また反対に教会の集会を何かの宣伝、収益活動に利用することはお断りします。

日曜礼拝

午前十時半より

水曜聖書研究祈祷会

午前十一時より

教会学校

日曜午前九時十五分より どなたでも参加できます。

成宗教会の歴史

成宗教会はプロテスタント(宗教改革)の信仰に立つ日本基督教団の教会です。1940年、有馬甫牧師の開拓伝道によって設立されました。有馬牧師は米国の神学校に学び、日本人教会で伝道していたメソジスト派の伝道者であります。1930年代に帰国後、長野県の教会、北海道、札幌教会に赴任しました。その後、有馬牧師は長男の急逝を機に、開拓伝道の志を持ち、1940年4月、東京の自宅で礼拝の集会を始めました。青山学院の講義所として開設されたと記録されています。

1953年には宗教法人「日本基督教団成宗教会」としての認証を受けました。その後、1960年代には、現在の所在地に土地を借りて礼拝堂の形が整えられました。1992年、6代目の牧師となる長村亮一先生時代に、会堂は全面改築され、現在に至っております。また、1999年には教会墓地が埼玉県越生に建てられました。

現在の牧師、並木せつ子は東京神学大学神学部大学院前期課程を修了し、2002年に赴任。創立から8代目の牧師となります。2013年、当教会は東日本連合長老会に加盟し、長老主義による教会形成の歩みを開始しました。東日本連合長老会は日本基督教団の中にある、東日本、東部、神奈川、東海、北陸、三重、和歌山、西部、九州の9つの地域連合長老会の共同体である全国連合長老会に所属し、改革教会の信仰と長老制度を重んじて教会形成を行っております。

全国連合長老会は旧新約聖書を基準とし、使徒信条、ニカイア・コンスタンティノポリス信条、アタナシウス信条、カルケドン信条に準拠し、改革教会の諸信仰告白に言い表された信仰を継承し、1890年に制定された日本基督教会信仰の告白に基づいて、1954年委制定された日本基督教団信仰告白を告白します。

全国連合長老会の規約、その他詳細はこちらをご覧ください。

お問い合わせ

住所

〒166-0015 東京都杉並区成田東三丁目6-12

アクセス

JR中央線 中野駅・東京メトロ丸ノ内線 新高円寺駅より、関東バス(五日市街道営業所行き、吉祥寺行き)にて「善福寺川緑地公園前」下車

JR中央線 吉祥寺駅より関東バス(中野駅行き)にて同停留所下車

東京メトロ丸ノ内線 南阿佐ヶ谷駅徒歩10分

連絡先

電話:03-3311-6777/FAX:03-3311-6777

電子メール

narimune.xarisjcom.home.ne.jp

地図