ペンテコステ(聖霊降誕日) 礼拝のご案内(2017)

ペンテコステ(聖霊降臨日)は教会の誕生日です

「あなたがたの上に聖霊が降ると、あなたがたは力を受ける。そして、エルサレムばかりでなく、ユダヤとサマリアの全土で、また、地の果てに至るまで、わたしの証人となる。」

(使徒言行録第1章8節)

 「五旬祭の日が来て、一同が一つになって集まっていると、突然、激しい風が吹いてくるような音が天から聞こえ、彼らが座っていた家中に響いた。そして、炎のような舌が別れ別れに現れ、一人一人の上にとどまった。」

(使徒言行録2章1-3節)

聖霊降臨のシンボル

聖霊は父なる神と、御子であるイエス様と共に神として礼拝される方であります。キリスト教会は「三つにいまして一人の神」と呼ばれる、三位一体(さんみいったい)の神様を信じています。

聖霊を表すシンボルは、ふたつあります。

イエス様が洗礼を受けた時、聖霊が鳩のような姿でイエス様の上に降ったと言われます。それに対して、弟子たちには、聖霊は炎のような舌と表現されています。「舌」はギリシャ語で(そして英語でも!)「言語」を表します。いろいろな国の言葉で福音が伝えられるために、聖霊が言葉を与えてくださったのです。

成宗教会では、ペンテコステには、舌の形のクッキーではなく、鳩サブレをお祝いのお菓子にしています。

ペンテコステ(聖霊降誕日)

礼拝のご案内

2017年6月4日(日)10時半~

主イエスはご復活から50日目(ペンテコステ)に、人々の上に聖霊を送ってくださいました。この日は、福音を伝える教会が誕生した記念日です。多くの人の救いのために力強く伝道する教会となりますように。礼拝に集い、御言葉と聖霊を祈り求めましょう!

聖書:ヨエル2:23-3:2, 使徒2章1-11節。

説教:「福音を世界に!」

☆礼拝の中で聖餐式、長老任職式が行われます。