成宗教会の歴史

成宗教会は、1940年、初代牧師の有馬甫牧師の開拓伝道によって設立されました。有馬牧師は、米国の神学校で学び、日本人教会で伝道していたメソジスト派の伝道者でした。1930年代に帰国後、北海道の札幌教会などで働かれ、その後、ご長男の急逝を機に、杉並のご自宅を開放し、伝道集会を開始しました。

1953年に宗教法人「日本基督教団成宗教会」の認証を受け、1960年代に、現在の所在地に土地を借り、礼拝堂を建設しました。1992年、6代目の長村亮一牧師の時代に、会堂を改築し、現在に至っています。

2013年、8代目の並木せつ子牧師の時代には、連合長老会に加盟しました。連合長老会とは、日本基督教団内にあって改革・長老派教会の信仰と伝統を重んじる諸教会から成る群れです。

全国連合長老会の規約、その他詳細はこちらをご覧ください。

現在の牧師・副牧師である藤野雄大、藤野美樹は、2019年4月に成宗教会に赴任しました。9代目の牧師となります。皆様のご来会を心よりお待ち申し上げます。