2019年3月号

「知恵と知識の宝はすべて、キリストの内に隠れています。」

新約聖書、コロサイ2章3節

このお便りは、なりむね教会からのメッセージです。キリスト教会は神様の愛について学び、伝えます。子供さんも大人の方も、読んでいただければ幸いです。


焦 凝先生のお話

聖書:ヨハネによる福音書

「聖霊を信じることとは」

焦  凝

今日はカテキズムの問い23、「聖霊を信じることとは」という問題について、一緒に勉強しましょう。

まず、聖霊とは何かについて一緒に考えてみましょう。霊というと、絵本や小説によく登場する「幽霊」が思い出せます。怖いイメージです。また、ゲームや中世の映画によく登場する精力の「精」を前に着く「精霊」もあります。ゲームや映画の中では、こちらの「精霊」は明るく光るけど、いったいどんな顔をしているかもわからず、宙に浮いていて、動きも不安定です。世の中では、霊を表現する時、このような表現を使っています。怖いこととか、形がわからないとか、動きが不安定なものですっと。これはつまり、この表現を使う人は、霊についてよくわからないからです。自分自身が見たこともないし、周りから見たことのある人もいないからなのです。

キリスト教では、「聖霊」は神様が働く力というふうに解説されています。カトリック教会では、もっとわかりやすい表現があります。「天使」といいます。天は神様を指していますので、天使はつまり神様に遣わされたものということです。

私たちクリスチャンは、天地創造の神様を信じています。また神様の大祭司、私たちを死から救ったキリストを信じています。そして、神様とキリストイエス様と同様に聖霊の力も信じています。聖霊の力が私たちに働いていたから、神様のことやイエス様を信じるようになりました。初めて教会に足を運んだことや、教会にて神様との出会いも、すべて聖霊の働きなしにはできないことと信じています。

私たちは色々な願い事を神様にお願いしています。できるときとできないときがあります。できるときは、私たちは喜びます。聖霊の働きは如何にもわかりやすいです。しかし、できないはどうでしょう。できないときでも、聖霊の働きがあります。その時は、私たちの願いは神様の御心にかなわなかったからです。神様が私達の主です。私たちは神様の主ではありません。私たちは神様を自分の好きなように動かすことはできません。それはやってはいけ ないことです。

ということで、聖霊の働きは常に我々と共にいるということです。今日の聖書箇所では、イエス様がこのように明白に宣言していました。イエス様がこの話をするときは、逮捕される直前でした。その後、皆さんが知っているようにイエス様が十字架にかけられ、尊い命の代価を払っていました。イエス様と共にいる弟子たちはしばらく絶望に陥ることになります。

しかしその絶望の時でも、イエス様がいないときに弟子たちを守ってくれるのは、イエス様がここでいう聖霊だということです。

聖書のほかのところでも、聖霊や天使について、語られる箇所は多いです。神様のご計画を実現するために、聖霊は重要な働きを成し遂げました。今日勉強する箇所から、実は私たちが信じる聖霊は、つねに私たちと共にいることがわかります。イエス様を通して、神様からいただくこと大きな恵みに感謝しましょう!

3月の御言葉

「今日、救いがこの家を訪れた。この人もアブラハムの子なのだから。人の子は、失われたものを捜して救うために来たのである。」

ルカ19章9-10節

3月の教会学校礼拝

(毎週日曜日、朝9時15分~9時45分)

  • 神様に感謝して祈り、歌います。イエスさまのお話、聖書について学びます。
  • お話の聖書箇所と担当の先生は次のとおりです。
    3月3日(日) マタイ26:13~20 お話の担当… 並木せつ子
    10日(日) 使徒言行録20:32~35 勝田令子
    17日(日) ルカ19:1~10 焦  凝
    24日(日) コリント(一)15:42~49 興津晴枝
    31日(日) ヨハネ17:1~3 並木せつ子

     

成宗教会学校からお知らせ・・・お祈り

  • 3月は卒業や進級の季節ですね。思い出の小学校や中学とお別れして、新しい学校へ進まれる皆さん、おめでとうございます!イエスさまを通して、神さまは私たちに祝福を送ってくださいました。教会学校で学んだことを心にしっかりと受け、希望にあふれて、新しい学校に、新しい学年に進んでください。私たちは教会で祈り、これからも皆さんをお待ちしています。教会で学ぶ神さまからの教えが、一生の宝となりますように。
  • 四月から成宗教会は、並木せつ子牧師に代わって、新しい牧師先生をお迎えします。
    藤野雄大先生、藤野美樹先生です。聖霊の神さまが共にいらして、皆さんにイエスさまの福音を力強く、優しく、美しく伝えてくださいますように!

  • 真の神さまは、イエス・キリストの御生涯に表されました。イエス様を通して、私たちは、神さまの真実を知ることができます。
  • 礼拝でのお話は小学校高学年~中学生にもわかりやすく語られます。礼拝後の活動は幼少~小学生向きですが、何歳でも楽しく参加することができます。中高生の皆さんは、大人の礼拝にもご参加をおすすめいたします。礼拝時間は10時半~11時半です。親子連れの方も、どうぞいらしてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年2月号

「知恵と知識の宝はすべて、キリストの内に隠れています。」

新約聖書、コロサイ2章3節

このお便りは、なりむね教会からのメッセージです。キリスト教会は神様の愛について学び、伝えます。子供さんも大人の方も、読んでいただければ幸いです。


斉藤 紀先生のお話

(これは昨年12月2日の礼拝で話されたものです。)

聖書:イザヤ書9章1-6節

「平和の君、イエスさま」

斉藤 紀

今日の聖書箇所は、旧約聖書のイザヤ書からです。イザヤという名前の、昔昔の預言者が書いた文章が、旧約聖書の中に出ています。どの位昔かというと、今から2700年くらい前、もちろんイエスさまはまだお生まれになっていません。イエス様のお生まれになる700年位も前のお話です。このイザヤという人は預言者と言われ、神様の力を借りて、未来のことが分かっていたのです。

この人が自分より700年もあとに生まれるイエス様のことを予言しています。

イザヤ書9章6節。「ひとりのみどりごが私たちのために生まれた。ひとりの男の子が私たちに与えられた。権威が彼の肩にある。その名は『驚くべき指導者、力ある神、永遠の父、平和の君』ととなえられる。

すごいですね、イエス様がお生まれになる700年も前に、救い主がお生まれになるってもう分っている方がいたのです。みどりごというのは、赤ちゃんのことです。一人の赤ちゃんがわたしたちのために生まれる。その方は「驚くべき指導者、力ある神、永遠の父、平和の君」と唱えられる。イエス様のことです。

ここで、驚くべき指導者というのは、イエス様は私たちのすべてを知っておられて、私たちを一番よい道に導いて下さる方ということです。次の力ある神というのは、みなさんが、困ったことがあったら、しっかりとお祈りをすれば、助けてくださるということです。次の永遠の父は、私たちが、悲しんでいたり、苦しんでいたり、傷ついていたりするときに、親の心を持って私たちの心を癒して下さるということです。

ここで、最後の平和の君に目を向けてみましょう。もうじきクリスマスですね、クリスマスには、クリスマスの歌を歌います。その中で、もろびとこぞりてむかえまつれ という有名な賛美歌があります。その4番目の歌詞に、「平和の君なるみ子を迎え 救いの主とぞほめたたえよ ほめたたえよ ほめほめたたえよ」とあります。ここに出てくる平和の君とは、誰のことでしょうか、イエス様のことですね、今から2700年も前にイザヤが予言した平和の君が、実際に私たちの前に現れて、そして、それからもう2000年もたちますけれど、今でも平和の君と言われて、わたしたちはあがめて、ほめたたえているのです。

イエス様は、天にいらっしゃる神様のひとり子として、神様が地上におつかわしになりました。いまでも私たち人間のために正しい道を示して下さいます。みなさんが困った時とか、悩んでいるときには、お祈りをして、イエス様に相談してください。そして、イエス様が示してくださる正しい道を歩いてゆけば、わたしたちは困ることはありません。きっとイエス様が私たちの行く道を教えてくださいます。イエス様に相談するってどうしたらいいの?見えないのに、と思うかもしれませんが、大丈夫、イエス様からはみなさんのことがみえています。みなさんはただただお祈りをすればいいのです。

私は去年の暮れにちょっと大きな病気をしまして、病院で手術をしました。手足が動かなくなって、しゃべれなくなってしまいました。でも今はこの通り、普通に動いて、お話できています。絶対に治らないと思われた身体が治ってしまったので、私の担当のお医者様が「僕は無神論者ですけれどあなたを見ていると、神様って本当にいるのだなーと思いましたよ」とおっしゃいました。わたしは言いました。「先生、神様はいらっしゃいます。私、毎週教会に行っているのです。牧師様はじめ教会の方たちがみな、毎日私のためにお祈りをしてくださっていたのです」と。神様は私の命を助けてくださいました。きっとまだ私にはこの世での神様のご用があるからだと思っています。今日こうやってそのことをみなさんにお伝えできるのも、神様のお力によるものと信じています。

2月の御言葉

「わたしは父にお願いしよう。父は別の弁護者を遣わして、永遠にあなたがたと一緒にいるようにしてくださる。」

ヨハネによる福音書14章16節

2月の教会学校礼拝

(毎週日曜日、朝9時15分~9時45分)

  • 神様に感謝して祈り、歌います。イエスさまのお話、聖書について学びます。
  • お話の聖書箇所と担当の先生は次のとおりです。
    2月3日(日) マルコ16:19~20 お話の担当… 並木せつ子
    10日(日) 使徒言行録7:54~60 並木せつ子
    17日(日) ルカ21:25~28 並木邦夫
    24日(日) ヨハネ14:16~17 興津晴枝

成宗教会学校からお知らせ・・・お祈り

  • インフルエンザが流行していますが、皆さんお元気ですか。寒さにも病気にも負けないで、そして何よりも、悪いものに負けないように神さまに助けを願いましょう!
  • 真の神さまは、イエス・キリストの御生涯に表されました。イエス様を通して、私たちは、神さまの真実を知ることができます。
  • 礼拝でのお話は小学校高学年~中学生にもわかりやすく語られます。礼拝後の活動は幼少~小学生向きですが、何歳でも楽しく参加することができます。
  • 中高生の皆さんは、大人の礼拝にもご参加をおすすめいたします。礼拝時間は10時半~11時半です。親子連れの方も、どうぞいらしてください。

2019年1月号

「知恵と知識の宝はすべて、キリストの内に隠れています。」

新約聖書、コロサイ2章3節

このお便りは、なりむね教会からのメッセージです。キリスト教会は神様の愛について学び、伝えます。子供さんも大人の方も、読んでいただければ幸いです。


並木邦夫先生のお話

(これは昨年10月7日の礼拝で話されたものです。)

聖書:コリントの信徒への手紙(一)15章1~11節

「もっとも大切なことは」

並木邦夫

皆さんはいつもこの教会学校の礼拝で主の祈りを一緒にお祈りします。大人の礼拝では、この主の祈りに引き続いて「使徒信条」を一緒に告白します。8月の子供と大人の合同礼拝の時に皆さんも一緒に唱えましたね。この使徒信条は昔から世界中のキリスト教徒がずっと一緒に唱えてきたものです。難しいことばが一杯並んでいますが、教会の信仰を信じる人々が最も大切にすることが書いてあります。

皆さんは地図を知っていますね。地図はどういう時に使いますか?行先が判らない時に地図を見ながらたどって行くと、目的の場所に着くことができます。昔は山に登ったりする時には五万分の一の地図を使いました。地図とコンパス(磁石)があれば、安全な道を探して目的の頂上まで行くことが出来ます。また、昔は星の位置と、やはりコンパスを使って航海していました。

今では人工衛星を活用して、自分の位置をスマホが確認してくれますから、Google地図を呼び出せば、簡単にどこにでも行けるようになってしまいましたね。それでは、私たちが毎日生活したり、生きて行く上での地図やコンパスは何でしょうか。特に、神様に従って生きて行く私たちにとって、一番大切なことは何でしょうか。

私たちはこうして聖書を読んでいます。とても厚いし、難しい言葉も沢山あるので難しいな、と思うかもしれません。今日の聖書の箇所ではパウロは「最も大切なこと」として、「キリストが聖書に書いてある通り私たちの罪のために死んだこと、葬られたこと、また聖書に書いてある通り三日目に復活したこと、ケファに現れ、その後12人に現れたことです。」とあります。イエス様が十字架で死なれたこと、そして三日目によみがえられたこと、これが一番大切なことと言っています。ですから、私たちにとっての地図やコンパス、生活のよりどころと言っても良いと思いますが、大切なことはこのことです。

それでは、どうしてイエス様が十字架で死なれて、三日目によみがえられたのが最も大切なのでしょうか。イエス様が十字架にお掛かりになったのは、私たちのためです。神様の教えから離れて、自分勝手に生きてしまっている私たちに替わって、私たちの罪を全部背負ってイエス様は死んでくださいました。そして三日目に復活して罪に打ち勝って下さいました。

私たちは、このことを信じて、洗礼を受けてまた神様の子供として神様の元に帰ることがで最初にお話しした使徒信条の中に「十字架につけられ、死にてほうむられ、陰府に下り、三日目に死人のうちよりよみがえり」とありますが、これを一緒に告白します。この使徒信条は二千年の歴史の中でずっと告白されてきましたが、最も大切なことが表されています。ですからこれがわたしたちの地図であり、コンパスです。この地図やコンパスをいつも一番大切なものとして生きて行きたいと思います。

1月の御言葉

「わたしたちはキリストと共に死んだのなら、キリストと共に生きることにもなると信じます。」

ローマの信徒への手紙6章8節

1月の教会学校礼拝

(毎週日曜日、朝9時15分~9時45分)

  • 神様に感謝して祈り、歌います。イエスさまのお話、聖書について学びます。
  • お話の聖書箇所と担当の先生は次のとおりです。
    1月6日(日) イザヤ53:4~12 お話の担当…並木せつ子
    13日(日) マタイ27:32~44 並木せつ子
    20日(日) ヨハネ19:38~42 勝田令子
    27日(日) ローマ6:3~11 興津晴枝

教会・教会学校からお知らせ・お祈り・報告

  • 新しい年2019年が始まりました!この年が皆さんにとって恵みの年となりますように。全地の造り主なる神様、わたしたちを世に生まれさせてくださった神様がご自身の目的を示してくださり、平和な世界を実現するためにわたしたちを用いてくださいますように祈ります。中高生の皆さんは、大人の礼拝にもどうぞ。大人の礼拝の時間は10時半~11時半です。親子連れの方も、どうぞいらしてください。
  • 12月23日(日)教会学校のクリスマス礼拝・・・精勤賞の表彰を受けたのは、川畑舞佳さん、明日佳ちゃん、中村里桜さん、羽場天人君、羽場天音さんです。おめでとうございます!教会学校から賞状と記念のバッジと副賞が贈られました。
  • 12月24日(月)クリスマスイヴ礼拝・・・キャンドル点火の天使役を矢田部聡音さん(小6)と川畑舞佳さん(小4)が務めました。また聖書朗読は中3の関真奈香さん、渡部奈那美さん、中2の金井一史君、小6の矢田部聡音さん、小5の伊藤航太さんが務めました。皆さん立派に大役を果たしました。
  • 教会学校のクリスマス献金・・・クリスマス礼拝で捧げられた皆さんの献金6,270円は日本キリスト教団教育委員会を通して国内と海外の学校、病院、施設に(2018年度はアフガニスタンジャクリー県のヌール学校、パレスチナガザ地区のアハリー・アラブ病院、また東北教区放射能問題支援対策室いずみに)送られます。